THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年8月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    CHECK SHIRTS / THE UG. / Japan / 2008
    DIGI / GRAVIS / 2002 - / Irvine, CA, USA
    CONSTRUCTION
    reviewing 2007
    MADBUNNY Super Violence - SEVEN SCANTY TOUR 08?09? - PRODUCTS EXHIBITION

    11/07
    Mon

    活動報告の前に 2011年10月〜
    CATEGORY:GALLERY

    Diaryを楽しみにしている皆さん、大変ご無沙汰してしまい申し訳ありません。

    ちょっといろいろと活動しているうちに10月が終わり、既に11月となってしまいました。年末に向けてなんとかこの2ヶ月間のうちにあったことを報告していきたいと考えておりますので、RSSなどで上手くトピックをつかまえていただければ幸いです。

    さて、実はこの間10月に米国へ出かけ、帰国後徳島、東京での日々があり、鳥取、金沢、他など結構日本国内に出かけていました。その間いろいろな出来事があったのですが、基本的には少し気温が高めのせいか、思ったようなことが出来ていないという感覚が残る数週間でした。

    恵まれていたことは、いろいろとまた考える時間を与えてもらったということです。あとは友人。

    先日金沢へ出かけた際に、Chester Beattyと会ったのですが、彼の自宅のワーク(家そのもの、住環境に関わるプロジェクト)に驚くとともにその間の本人の苦労などを感じました。

    ただ、その時にハッとしたことがありました。それは、彼自身が私の発言などをよく覚えていて、まるでタイムマシーンのように機能するということです。
    古い友達とは古い話で盛り上がる。これが確かに古い友人とのつきあいにおける王道とも言えるでしょう。しかし、彼は古い話は古い話として位置づけ、常に新しい、むしろ「これからどうするのか?」ということにフォーカスしてお話をしてくれます。なので、私も新しい話をする。

    しかも、私の昔の発言を採り上げて、新しい話との接点を探るというものなのです。これはタイムマシーンと呼ぶべきか、なんと呼ぶべきかはわかりませんが。

    ともかく、9月末からここまでいろいろなことがありました。そのほとんどはエキサイティングな出会いとの連続。しかし、気温が高くでルーズ。そんな10月を徐々にお伝えしますのでお楽しみに。