THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年4月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    SCPB-3 / Seymour Duncan / ?? / CA, USA
    レザー、ハイテク素材。それぞれの冬
    VIKING BEANIE / Un-Inc / BURTON / VT, USA / 2008
    1107205 - SCOOT JACKET / merc london / 2007 / England, UK
    HOLD ALL TRIO, gravis

    02/05
    Tue

    書店 - 本と人が出会う場所
    CATEGORY:GALLERY

    RANDOM WALKは私の好きな書店。洋書、芸術、デザイン関連、サブカルチャーまで「よくぞここまで」という具合に棚に並んでいるお店である。

    最近ではすっかり寺町の京都店さんにお世話になっているが、今日この書店を知るきっかけになった心斎橋店に立ち寄り、愕然とした。写真のような状況である。

    張り紙には「神戸店、京都店はそのまま営業を継続します」とのことだが、ここ心斎橋は私の数少ない大阪の立回先であったために、本当に残念だ。

    amazonなどが使い易くなったために、私もインターネットでの書籍購入機会が多くなりつつあったが、RANDOM WALKで買うようなものはamazonでは決して購入することがなかった。

    というのも、amazonはあくまで「検索ベース」。著者、出版社、ジャンルなどで検索し、リリース情報をアップデート。いつも「そういえば」というタイミングで購入までを行っていた。

    RANDOM WALKではできるだけ漠然と書棚を見て、目に付いたものをチェックするというわけだ。この場合、意識のはしっこにあったようなものが突如現実のものとなったり、あらたな世界への入り口になったりする。

    図書館のように書棚と本を並べ、お客さまに本を販売する書店。目的の本を探しやすいために単に陳列するだけではなく、まさに本と人の出会う場所であるとamazon以降感じるようになった。特にインターネットの世界では最近「検索」ベースでは本当に求めている情報にはたどり着けないようになっている。むしろ、検索は誘導される入り口であるという側面も強くなってきた。



    さて、私は今日北海道から戻ってきた。「間に合えば行きます」と曖昧な約束をしていたGRAVISの展示会に寄るには十分な時間があったので、関空から直接心斎橋へと向かった。展示会に顔を出した後、このRANDO WALKで悲しい経験をしたが、その後立ち寄った梅田でまた偶然が起こる。この話はまた後日に。

    北海道滞在中、インターネット環境がなかっためDIARYがしばらくお休みとなっていたが、京都に戻って一気にまとめた。この下にこの3日分の記録があるので、時間のある時に楽しんでいただきたい。

    明日は日帰りでまた東京へ。