THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年1月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    STRIDA 3.3 ギア比 - 昨今のシングルスピードの話との関連で
    年賀状を海外に送ってみよう
    READING AUTUMN 6
    IRENE
    CARLOS LOW / GRAVIS / 2009 / Irvine, CA, USA

    06/24
    Tue

    COLOR IN YOUR HOME 3 / Governor / THE WELBECK GALLERY / 2008
    CATEGORY:GALLERY

    COLOR IN YOUR HOMEの3回目。今回はオレンジとヴァイオレット。

    当初は秋に近い印象で住まいのカーテンとして選んだ色だが、ヴァイオレットのレースカーテンが素材の影響で夏でも十分に使えることがわかったので、結果としてはそのままになってしまった。

    ただ、隣のオレンジと比較した場合はヴァイオレットは日本の伝統色としてもよく登場するせいか、以外と落ち着く。例えれば「茶」系統とおなじような落ち着きを感じることもしばしばだ。特に窓の外の緑との調和がよく、季節を問わず使える。

    オレンジ。「少しビビットに」ということで使いはじめたが、フローリングの木目と少し衝突しがちでもある。冬場にピンクのカーペットとの組み合わせは奇麗だったが、これは少し課題の残る色だ。

    オレンジは小さくポイントで使うとうまく映えるので、カーテン場合、しまっておくと窓をうまく演出できるが、閉めた時に少し圧迫感を感じるというもの。

    みなさんのお部屋を一度見渡して欲しい。ある特定の色で統一することもわかりやすさではナンバー1だが、少し部屋が殺風景になってしまいがちになる。そのため、小物に手がでてしまい知らないうちに「ガチャガチャ」してくる。

    部屋というか家全体の色についてルールを決めるのは皆さんだ。もし、使ったことのない色がある場合は、季節のかわり目などに少し試してみることをお薦めする。