THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年3月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    2010 CUSTOM V-rocker 154 / BURTON / 2009 / Burlington, VT, USA
    back home
    STANTON / New School Style Court Shoes / GRAVIS / CA, USA / 2008
    Henry 初号機嫁ぐ。
    1106208 JENKINS / merc london / ?? - / England, UK

    08/30
    Sat

    新BAG - Shopping Bag 12-inch / THE WELBECK GALLERY / Kyoto, Japan / 2008
    CATEGORY:GOVERNOR

    THE WELBECK GALLERYでは2007年4月22日のオープン以来使用してきたShopping Bag 12-inchをこのほど2008年8月をもって一部デザインを変更した。


    今回の変更点は2つ。ひとつはBAGそのものの大きさ。これまで12-inchの盤が3枚でいっぱいだったが、少しだけマチをとって10枚持ち運び可能とした。

    ふたつめ。ロゴの下に印刷してあったギャラリーのURLを今回より取り去った。
    というのも、このShopping Bagをもつ人の事をを考える時に、わざわざ宣伝していただくのもどうか?と考えたからだ。

    このようなURL露出は日本の場合、世界の他の国とは比較にならないくらいの効果を発揮すると言われている。というのも、携帯電話からのブラウズが世界の他の地域とは比べ物にならないくらい日本ではチャンスが多いからだ。

    例えば、電車に乗っててこのURLを見たとしても家まで帰ることなく、その場で携帯電話でブラウズできる。実際電車の中吊り広告にも「その場でブラウズしてください」と言わんばかりの広告が存在する。これらは携帯電話からのブラウズを期待しているのだ。

    特に、私自身が携帯嫌いであったりするわけではなく、それよりも「顧客に広告させること」に違和感を持つ自分がここにいる、と気になって仕方がなかったというのが実際のところだ。

    それだったら思い切ってロゴを廃してもいいんじゃないの?というところまで考え込んだが、いろいろfeedbackをいただいてみると、THE WELBECK GALLERYにはTHE WELBECK GALLERYの「お楽しみ」みたいなものが存在するということも言ってくださる方もいらして、それはそれで、"Proudly Introducing"ということにつながっているかな?と感じた。

    と、ここまでは新しい12-inchを製作する際に色々考えたことをご紹介した。

    さて、更に新しい課題。
    現在、THE WELBECK GALLERYには極端に大きなものと小さなものを包むものがない。全てを既存のものでご提供するにも限界がある。
    ましてやこれから秋、さらに冬。皆様の素敵な経験の第一歩がこのBagだとするならば、さらにいろいろと努力し、ひとつまた新しい提案をする必要があると感じている。