THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年4月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    BURTON METHOD 整備
    local music nights 1 - 1947
    BLOCK CHECK COLLECTION / KANGOL / England, UK / 2008
    木曜日 南浦和 武蔵野線 午後11時半
    参考展示 wesc zip overall

    05/16
    Wed

    STRIDA組み立て KTC CMPA052
    CATEGORY:PRODUCTS

    さて、昨日入荷したSTRIDA。コイツを組み立てるのに今回選択した工具はこの写真に映っているもののみである。(5月16日現在。油脂類はのぞく)KTC(Kyoto Tool Co.)のプリセット型トルクレンチと同じくKTCの5mmのHEXソケットである。基本的にSTRIDAは5mmのHEX1本での組み立てが可能である。しかし、説明書原文には細かく各ポイントの締め付けトルクが設定されており、同時に組み立て手順も詳細に解説されている。見た目構造が単純なので、説明書ナシでどんどん組み立てる事は可能なのだが、折りたたみであること、片持ちフォークであること、アルミフレームであることなど各部のバランスが重視される構造であることからこのような詳細な説明になっている。これにさらに組み立て時のバランスを頭にいれて段階的にトルクを設定し、ゆっくり組むことにする。段階的にトルクを設定する場合、このプリセット型のトルクレンチは効果を発揮する。あらかじめ設定したトルクに達すると首が振れて知らせてくれるために、感覚に頼らず、また、いちいちゲージを見る事なく作業が進められるからである。組み立ての様子と調整に欠かせない油脂類の話は今後のお楽しみということで。
    あ、そうそう。冬のバインディングについても同様の作業を導入する予定。バインディングの場合は、自転車とは違い規定トルクによる組み立ての他に操作性をより快適にするための工夫が作業に加えられる。
    .....商品詳細ページ