THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年12月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    Lambretta Suit / Lambretta / THE WELBECK GALLERY COLLECTION / 2008
    Stoles / Vivienne Westwood Accessories / 2009 / England, UK
    ONE DOWN
    MW2013M GENERAL / Ben Sherman / 2009 / Summer Collection / England, UK
    私はダメなクリスチャン

    11/07
    Fri

    Welcome to Kyoto! Gravis IV skatebording
    CATEGORY:GALLERY

    千年の都、京都へようこそ。Gravis IV skatebording。

    アート、自転車、スケート、ファンクショナル・アウターウェア。ロンドンでもサンフランシスコでもコペンハーゲンでもこれらはセットのような感覚となってきている。

    もちろん、それぞれにプロフェッショナル、ストイック、コアな世界が存在するが、いずれにおいても実は普段の生活と非常に近いところにあるものばかりだ。これらが一ヶ所にまとまっており、しかもスマートなディスプレイが行われると、すぐに"HIP"と呼ばれたりするのも、近くて遠い世界に対する憧れがその大きな理由ではないかと感じるのである。

    さて、ここまでのお話のようなところのど真中に行きたい。それぞれのカテゴリーの人達はそれを真に望んでいるが、現実面においてはイメージよりも強烈なキュレーションに阻まれているというのが現状だろう。

    さて、そんなカテゴリーのひとつ。Gravis VI skatebording。本格的なskateを支えるギアという側面の他に、先に紹介したシーンにおける存在感で何処まで勝負できるか?その真価はこれから試されるところだが、私個人としては、BagのGravisとではなく、ShoesのGravisと久々に仕事をいっしょにしたかったため、今回のGravis IV skateboardingの紹介をすることにした。

    THE WELBECK GALLERYでは本格的なSkateに使えるラインは取扱予定なし。むしろ、それらに関心を向けつつも、実はアート、読書、音楽、旅行、または表現、製作活動に前向きに突き進む方々を中心にプロダクトを選んでみた。

    詳細はPRODUCTで。