THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT

03/30
Mon

2009年度 - 新生活をはじめる皆様へ
CATEGORY:GOVERNOR

高速道路が少し安くなった週末、THE WELBECK GALLERYへは多くの方がご挨拶に来てくださった。その御礼をこめて少しメッセージを。


ご挨拶に来てくださった方の多くは、今日から新社会人として「勤め先」に行く予定の方々だ。すでに今頃は最初の昼食を少しホッとした感覚とともにとっていることだろう。ご挨拶の内容はそのほとんどが正に「不安と期待」というテーマだった。その気持は私も非常によく解る。というのも、私自身もこれまで同年代の普通の人より多い数、多くの組織を経験したからだ。

新社会人の皆さんの多くは、今の自分が持つ不安を「学生→勤め人」というギャップをどのようにうまく乗り切るか?ということと理解しているようだが、実はこの不安には「新しい組織との出会い」という不安も混ざっていることをまず認識してほしい。そして、その新しい組織との出会いについては、実はそれほど大問題ではないということを同時に理解することが重要だ。

新しい組織に上手く馴染むこと。このことについては実は皆さんはこれまで多くの経験を既にこなして来ている。それは学校が変わることだけではなく、アルバイトなど労働に対して賃金が発生する現場でもすでにその経験をしているのだ。

組織に馴染むプロセスを思い出して欲しい。このプロセスが上手く行かない場合の多くは、正に自滅型だ。「自分がどのように見られるか?」ということに意識が集中してしまい、馴染むべき組織の全体像を把握できずにいるために起る事である。「自分がどのように組織に見られるか?」ということは、いいかえれば、「組織が自分にフィットすること」であり、「自ら積極的に組織にフィットすること」ではない。組織には歴史とストーリー、強力な指揮命令系統が存在し、それはそう簡単に変えられるものではない。そうなると、受け身的に構えていてはその組織に馴染むことは簡単ではない。


「自分がどう見られるか?」は既に採用試験までの話であることを認識することが重要なのだ。その理由はあなたは既に採用されているからだ。


積極的な組織との関わり。これがあなたが属する組織と馴染むための最良の手段と私は考える。

よく出来た組織なら、あなたの積極的な関わりを心から歓迎してくれるはずだ。その積極的な関わりを促すために本来の新人研修などは存在する。そう、あなたが属する組織の全体像の把握を手助けし、どのようにあなた自身が組織に積極的に関われるかをうまく整理し、考えさせてくれるものだからだ。しかし、一部の組織では新人研修はその目的を忘れ、ルーティン化された作業のようになっているので、そのような企画には注意も必要だ。

そんなことを言っていると気がつけば皆さんは「勤め人」だ。自分自身が勤め人であることを認識したあたりで、また次の課題が皆さんには降り掛かって来るはずだ。その時はまた相談して欲しい。