THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年4月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    IRENE
    usual summer show / THE WELBECK GALLERY / 2009 / Kyoto, Japan - 終了御礼
    RIDER'S CLUB 1978年8月号
    IMMEDIATE RELEASE / deal with anon. optics / THE WELBECK GALLERY / Kyoto, Japan
    Kobe / 2009 / THE WELBECK GALLERY

    10/22
    Thu

    C.C. Filson - Oi Polloi news letter / Manchester, UK
    CATEGORY:GALLERY

    世界中からテラスカジュアルのマテリアルを探し出すマンチェスターのOi Polloi。今回はシアトルのC.C.Filsonの紹介。


    C.C.Filsonは1897年創業の老舗。ゴールドラッシュに沸く西海岸。そこには想像を絶する環境があり、あらゆる条件を克服することが一攫千金を夢見る者には課せられていた。現代的な解釈とは異なるエクストリーム・コンディションがそこにはあり、それらに立ち向かうために創られたプロダクトは現代のハイテクアウターなどとその目的は異なるものの、共通の理念があるのだ。

    日本ではこの理念に対してほとんど関心がないと言ってもよい状況があり、その理由は70年代後半から80年代にかけて定着した「アウトドア」という言葉に集約される。野外活動を連想させるアウトドアという言葉もしくはカテゴリーは、その範囲が広げられた結果、何でも「それっぽいもの」はアウトドアというカテゴリーで片付けられてしまうのだ。

    テラスカジュアルはフットボールの観戦に行く為に用意または選択された少々「大げさ」な機能を持つアウターウェアを中心とした洋服選びのエッセンスであり、それが日本で言うところの「アウトドア系」とは異なる点だ。

    しかし、そんな日本のアウトドア系の方々でも実際にはこのテラスカジュアルに非常に近い認識で、そのカテゴリーの洋服を上手く選択されている方もいらっしゃる。またそのような方々は「西海岸アウトドア系」とは異なり、しっかりと街中でもフィットしているのだ。

    さて、C.C.Filson。かつては-50°の世界に対応するために創られたプロダクトのエッセンスが現代的な解釈を上手く採り入れた上で再構成されており、ごく自然な雰囲気。しかしながら所々でリアルマテリアルを使いつつ、米国本国での生産が行われている点がテラスカジュアルには響くと説明されている。


    Photo:Medium Wheeled Check In Bag
    http://www.oipolloi.com/