THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2019年5月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    ご相談
    LOVE 再セットアップ / SPEC.TWG / Kyoto, Japan / 2008
    QUADROPHENIA HIROSHIMA
    怒られることの重要性
    THE APART SUMMER EXHIBITION 2009 " A SHOW IN THAT NICE OLD BANK ON THE CORNER - Closing Sunday 28th of July

    01/02
    Sat

    あらゆるものがリセットされる。2010年の新年
    CATEGORY:GOVERNOR

    今年の新年は元旦から少しばたついている。
    厳密に言えば昨年暮の仕事がようやく一段落しつつあり、今はその仕上げを一般の仕事初めまでにしなければならないという状況だ。

    そんな中、元旦は主にデータのまとめとライティングをこなすこととなり、午後からほとんど12月に新調したMacの前に座っていた。

    最後昨年からの宿題であったデータの整理を終えたのが、元旦から2日にかけての夜中。過去のデータを引っ張りだすという作業だったので、少し疲れたが問題としては解決するメドがついたため、ホッとしていた。

    Macを閉じようとするとどうも動きがおかしい。その時点から1時間いろいろやってみたが回復せず、2日の朝になってAppleのサポートに電話をすることになった。結果は修理必要とのことで、
    方法をAppleのオペレーターと検討した結果、心斎橋まで行くことになった。

    そして心斎橋のApple Store。担当者の話だとハードディスクは救えないとのこと。この時点で全てのデータをあきらめることとなった。


    私はこのような場合、プロダクトの問題なので担当者に怒ったりはしない。むしろ、自分のデータの管理方法に問題があったとして、次に同じ失敗をしないために方策を考えることにした。

    しかし、このタイミング。まだ全てのことを終えたわけでもなんでもないが、もし、元旦の時点で「元旦だし、2日でいいか」と思っていたら、間に合わないどころか、ずっと年末を引きずることになっていた。他のことも含めとにかく自分の周りのあらゆるものが、自分の意思とは関係なくリセットされる新年。非常に不思議な経験をしている。