THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2018年10月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    Cropped Jacket / Ben Sherman / England, UK / 2008
    scarves / ACE CAFE LONDON / England, UK
    MW1042MS / Ben Sherman / 2009 / Summer Collection / England, UK
    Roger De Coster MX boots / Alpinestars, Italy / mid 1970's
    炊飯器の蓋

    12/24
    Thu

    クリスマスおめでとうございます。
    CATEGORY:GALLERY

    メリークリスマス、すなわち、「クリスマスおめとうございます」だ。





    この時期には毎年似たような事を書いているので、今年もそれに沿った形で行く。

    クリスマスはキリストの生誕を祝うためにある。なぜキリストの生誕を祝うのか?それはごく簡単に言えば、キリスト教では救世主キリストが神から贈られた(すなわち、誕生した)ことをお祝いするのである。

    クリスマス・プレゼントは自分の家族や周囲の人々に、神がキリストを贈ってくださったように、プレゼントを渡すということである。

    さて、硬い話はこのあたりにして。私とクリスマスの思い出をひとつご紹介する。私は中学生、高校生の頃、地元の教会の教会学校に通っていた。クリスマスは、夜7時頃から教会で礼拝があり、その後大人と混じってカロリングをした。カロリングとは教会の周囲の施設や信徒の家に賛美歌を届けるというもので、行った先の玄関先などで賛美歌を歌うのである。クリスマスの夜は自転車に乗って小さなろうそくを持って、地元界隈を毎年まわっていたのだ。

    当時は何も意識していなかったが、よく考えてみると高齢や体調のために、教会に来れなかった人たちにとって、賛美歌のプレゼントはさぞ嬉しかっただろうと思う。

    しかし、当時の私はまったくそんなことには気がつかなかった。習慣として参加していたというところが本音である。

    いろいろあった今年、今当時のカロリングの意味をごく自然に知る事になったことは、私にとっての最大のプレゼントである。