THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT



  •  2016年12月 
  • sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    最近のTWG PHOTO

    DIARY LIBRARY

    Henry マイナーチェンジ+価格改定
    BURTON MARK XIII 特別オファー中
    MAY THE EARTH GONNA BE COOL / SR.6 / Japan / 2008
    CUSTOM ICS JAPAN / RE:set your riding / BURTON / VT, USA / 2008
    夏至近し

    12/31
    Sat

    さよなら2016
    CATEGORY:2016

    六甲山、旧十国展望台。現、六甲ガーデンテラスから大晦日の神戸港を望む。
    2016年も今日で終わる。


    忘年会や久しぶりに会う友達との話を総合すると、どうやら2016年はみなさん色々あったようだ。
    いつしか日本もレールに乗って定年を迎えられるような世の中でも無くなったし、むしろ自分達の親の世代のような「一生」はどうも幻想のような感じさえする。間違いなく時代が変わった。

    それで言えば、去年と同じ今年を過ごすことはむしろ難しく、何が変わったかを感じられるか、または、何かを変えたと実感できるか?が翻弄されているかどうかの境界線のような気がする。

    動いていなければ沈んでしまう。
    生きにくい世の中になったものだ。

    そんな私も色々なことがあった年となった。多くは学びとして認識しているが、総じて言えばここ数年は「時間切れ」の概念にそれこそ翻弄されていたように思えてきた。
    実は時間はあったし、学べきことがまだまだあったということだ。

    ということで、2017年は学びの年Mark llになりそうだ。
    別に学校に行っているわけではないが、自分の居心地のよい場所を後にして、待っていたのは別の社会。居心地の悪さ=学ぶべき事が多い。を実感した。

    とか何とか言いながらではあるが、
    去年と変わらず、冬の道を片道500キロ走る事が今年もできたし、余力で昔から何も変わらない六甲山に登ってくることもできた。

    これが年を越すという実感であるとも感じたのである。


    皆様にとって2017年も素晴らしい年でありますように。
    今年もTHE WELBECK GALLERYを応援してくれてありがとう。



    12/24
    Sat

    クリスマスおめでとうございます
    CATEGORY:2016

    2016年クリスマスおめでとうございます。


    なんどかここでも触れているがクリスマスにプレゼントを贈るのは、キリスト教の解釈で言えば、クリスマスにイエスという救世主が世に送られたからである。
    世の中を救う人が送られたのだから、それは大事(おおごと)だ。
    なのでお祝いすると理解すれば、平均的な日本に住む人の宗教感覚であっても理解できると思う。

    ご利益(ごりやく)をもたらしてくれる存在を参り、礼拝する。参拝とはまあ簡単に言えばこういうことになり、宗教心そのものの素朴さは宗教の種類などでそれほど差がないものと私は感じている。

    2016年のクリスマス。皆さんにもそれぞれの想いがあると思う。

    私の感覚から世の中を見て、今年のクリスマスはまずはハロウィンに少しやられたかな?というところ。さすがにイベント続きだと一つ一つのイベントの盛り上がりにも限界がやってくる。ここ日本ではそもそも盆と正月がメインイベントだったし、そこからゴールデンウィーク、クリスマス、週休2日制、祝日の月曜日への移動、シルバーウィークとここ30年以上をかけてイベントが増え続けてきた。まあ休みが多いことはいいことだが、よくある話、休みが多くても所得が増えなければ結局のところ選択しうるイベントに集中することになり、結果個々のイベント参加率は低下傾向となる。

    現在、正月とゴールデンウィークが日本にとっては大きなイベントであって、その他は正しく「その他」に分類されつつある。そう、クリスマスは益々他のイベントと競争するハメになり、実際、マーケティングもクリスマスに割ける予算がすくなくなる傾向だ。

    人によってはクリスマスより夏のフェスにかける予算の多い人もいるだろう。そこへ来てハロウィンの馬鹿騒ぎが余計にクリスマスの商業戦略上の地位を下げた。現在、クリスマスでこれまでと同じベースでの商売が可能なのは主にサービス業くらいのものではないだろうか。
    ということで、儲からなければ盛り上げ方を変える。結局のところクリスマスは商業的な見方をすれば「その他」と変わらない道具だったというわけだ。

    さてさて、それではクリスマスの普通の生活における解釈とはどういったものになるのだろうか。

    まずは「大切な人」を想う日にしませんか?というご提案。
    正月には大切な人に会うとして、クリスマスはパーティーがあろうが、飲みがあろうが、「あの人はどうしているだろうか?」と想う日にしよう。想いが溢れてプレゼントを贈るのも良し、メッセージを送るのも良し。

    次に「普段に感謝する日」などもいかがだろうか?
    現実に辛いことに直面している人もいると思うし、退屈している人、周りが幸せそうで少し不安または寂しい思いをしている人もいるだろう。
    しかし、そんな普段は皆さんのこれまでの決断の上に成り立っている。


    「悪い道を選んだのではない。回り道をしただけだ。」


    そんな風に思うことができれば普段に感謝でもしようかな?という気にもなれると思う。



    そんなことで皆さんに素晴らしい冬の1日がもたらされることを心より願う次第だ。



    12/04
    Sun

    一生もの
    CATEGORY:2016

    2016も師走だ。また12月。1年がまた終わる。
    本来ならproduct of the yearを発表する時期だが、どうも最近はプロダクトの話をしなかったので少しマジメに「一生もの」について書こうと思う。

    一生もの。

    どこか、重みのある、またワクワクする言葉の響き。
    皆さんの身の周りにはどの程度の一生ものがあるだろうか?
    或は、一生ものと思っていたものとのあっけない別れ。
    一生ものは実は奥が深い。

    まともな文章を書くにはまずは仕分け。いわゆる分析が大切だ。
    そんなわけで何が一生ものになり得るか?を簡単にまとめる。

    一生ものは一生ものなので、基本的には死ぬまでそばにあるもの、または死ぬまで使えるものを指す。それで言えば対応年数がそれなりになるので、流行ものではない。またそれだけの耐久性を持つか、或は修理可能なものとなる。

    一生ものでないものとは、使い捨てのものを筆頭に役割が終わったら再び使うことのないものである。例を挙げるなら、パーティードレス。ビーチサンダル。修理することを考えると新品を買った方が安いもの。など。

    一生ものでないものを買う時はそれほど悩むことはない。なぜか?役割がはっきりしているからだ。それと、ずっと使い続けるわけではないので、コストはその一瞬にかかるもので、ある程度の期間をかけて支払いつづける必要のないものだ。

    自分の中では最近一生ものではないと判断がついたものである。
    それは「家」(マンションなど集合住宅を含む)、バイクなど。
    特に家は、空き家や中古マンションを見るとそれが理解できると思う。買った人は多くの場合35年ローンを組んだりしたわけで、途中で買い替えてしまったから中古が存在するのだ。なので、家はどうも一生ものではないようだ。

    で、バイク。できれば永く乗りたいし、大切にしたいと思う。
    しかし、自分のように距離を走れば対応年数が以外と短いことと、部品供給などの問題でずっと乗り続けることはできない。例外としてコレクションは可能だ。

    さて、では逆に一生ものの候補とは?
    自分の身の周りのものをザッと見てみると、、、
    靴(最長、17年ものがある。)テーラードジャケット。これは修理しながら20年+。と、こんな感じ。

    その中でも洋服は面白い。捨ててしまうものも存在するのに、ずっと修理して使えるものもある。靴も基本は修理ベースで考えられるが、アッパーがレザーの場合、レザーに寿命があるために実は洋服より難しいところも存在する。
    レザーで言えばレザージャケット。これは修理も可能だがどちらかと言えば手入れが靴やファブリックのジャケットよりも大変だ。


    さて、
    一生ものをどこかで手に入れたいと考えている皆さん。

    一生ものということばにまずは踊らされない様にしよう。実はプロダクトの特性と使用方法によっては一生ものになり得ないプロダクトがまず存在し、そんなものも一部「一生もの」というフレーズに乗せて売られている。

    一生ものになり得るものは実は非常にジャンルもプロダクト特性も限られており、かなり少ないことを覚えておこう。

    それで言えば、一生ものに出会えることは基本的には難しいのだ。

    そう考えれば一生ものとして売られているものほど、一生ものではない可能性が高いということになる。