THE WELBECK GALLERY

CONTROLHOMETHE WELBECK GALLERYDIARYPRODUCTSSHOPPING CONTACT


Ben Sherman > British Lifestyles


BRAND:
UG(15)
Analog(13)
anon.(8)
Ben Sherman(122)
British Lifestyles(86)
For Women(35)
Real Life(1)
BURTON(92)
BURTON LUGGAGE(10)
BURTON TNT(5)
DR.MARTENS(5)
GRAVIS(89)
Gravis IV skateboarding(6)
Henry(23)
iDiom(13)
MARK XIII(3)
MATHMOS(1)
merc(65)
MOUNTAIN EQUIPMENT(12)
SERIES 13(1)
SPEC. TWG(19)
STRIDA(15)
SUCK UK(1)
THE WELBECK GALLERY COLLECTION(57)
wesc(8)

LIFE STYLE ELEMENTS:
British Lifestyles(207)
For Women(89)
Real Life(130)
SERVICE(14)
Snowboard Equipments(63)
Sports Goods(13)
Travel+Adventure(66)


GOVERNORの商品説明追記

カラー、フィットなどの違い - Ben Sherman SOHO fit vs. MOD fit

今日、雪にも関わらずご来店いただいたお客様よりご質問とFeedbackをいただいた。非常にありがたいFeedbackだったのでこちらで少し公開したい。

まずはこの春から加わったSOHO FITの件。
SOHO FITの登場でこれまでのMOD FITのXSサイズが消滅。SOHO FITはSサイズからのみの展開となった。なので、これまでMOD FITのXSサイズで胸囲と袖長を合わせていたお客様はSOHO FITでは安心してSサイズを選択していただきたい。理由は簡単で、XSでアジャストしていたことを今回のSOHO FITでは最初から合わせたい部分をアジャストしてあるのでSサイズで大きいということはまずない。
MOD FITのMサイズについては、SOHO FITのMサイズを選択する。最も大きな違いは腕・方周りのフィット向上(よりピタピタ)と、袖長の調整。私個人としてはMOD FITの長い袖が好きだったが、肩周りのフィットで妥協していたので、今回のSOHO FITのMサイズは非常にうれしい存在となる。また、MOD FITのMサイズご愛用の方でも、着丈は短いがSOHO FITのSサイズを選択することで、より「マンチェスター」ぽくなるので、サイズでの遊びが可能だ。

次にカラーの話。
Ben Shermanにはmerc londonのcore stylesと同様、常に在庫してあることが望ましいsignatureシリーズという定番ラインが存在する。言い換えれば、signatureはシーズンを超えても最も伝統的な形状をしており、変化はなく「基本」となっている。
それに対して、シーズンでしかリリースされないラインが存在しており、それらにはカラー、パターン、織などに様々な試みが行われている。

写真1は今期のMOD FIT。Signatureではないシリーズなのでカラーの形状も少しワイドかつ大きなもの。Vネックジャンパーにはよく似合ういい形状をしている。

こうした言わばスペシャルなものはそのシーズンでなければリリースされないので、定番で安定した印象のあるBen Shermanといえども、ちょこちょこチェックしておく必要がある。



signature - HOUSE CHECK変化



signature シリーズ、HOUSE CHECKの変遷について。
フィットが少しずつ変化していることが目立った変化。
写真は私の私物だが、こちらは昔のMOD FITかつ、ボタンがNAVY。さらにはロゴのエンブロイダリーは現状の胸ポケットではなく、カフについている。

ということで、HOUSE CHECKは一枚持ってて安心というものではなく、フィットやディテールの変化を楽しむのもひとつの楽しみ。

MOD FIT Mサイズの解 / 170cm+ / 62kg



MOD FITのMサイズ。私は今回のSOHO FITが出現したことで、着方のバリエーションが増えたというタイプ。確かに胴回りが今回のSOHO FITでよりタイトになったことでさらにシャープな印象もOKとなったが、SOHO FITは袖も短くなったので、カフまわりについては「普通」になった印象。その点写真のMOD FITは袖を長く着れるのでまた違った雰囲気が楽しめる。